本学の各種プログラムについて

DEFAULT

GEIOT

ガイオット
IoT,AI,ビッグデータ時代のイノベーション人材育成プログラム
文部科学省「職業実践力育成プログラム」(BP) 認定

本プログラムでは、IoT分野におけるグローバルアントレプレナー、イノベーション人材育成プログラムとして、2015年より実施してきました。2019年度より、IoTに加え、奈良先端科学技術大学院大学の得意とするAI, ビックデータ, バイオテックやナノマテリアル技術も活用し、より幅広い分野を対象としたプログラムにグレードアップし、基本的技術開発から、製品やサービス企画、ビジネスプラン構築まで、起業や新規事業創出に必要な基本的な知識やスキルを習得できる実践的コースワークを提供しています。
IoT,AI,ビッグデータ,バイオテック,ナノマテリアル分野での起業や新規事業創出に興味のある方、これら分野のみならず優れた技術を新規事業として展開するための方法論について学びたい方を、職種等にかかわらず受け入れます(※1)。
GEIOTの中で産まれたアイデアをもとに実際のビジネス展開を目指す方には、本プログラムの終了後も、GEIOTの連携機関である国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、大阪産業局から支援を受けることができます。また、将来、奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士前期課程に入学した場合は、GEIOTの受講で認定された各授業科目の単位が一般科目の修了単位として加算可能です。

※1 GEIOTでは奈良先端科学技術大学院大学の正規科目を科目等履修生という立場で受講することになるため、原則、大学卒の資格が必要となります。これに該当しない場合は別途審査が必要となりますので、下記応募方法欄に記載の出願書類に加えて、履修証明プログラム履修資格審査申請書も提出下さい。資格審査の上、受講の可否を決定いたします。

cross×cross

cross X cross

クロス・バイ・クロス
多面的クロスオーバー( 化学反応・相乗効果を狙った多元軸での異種人材混在)
PBL 型イノベーション人材育成プログラム

奈良先端科学技術大学院大学では、九州大学、立命館大学、大阪府立大学との連携(「多様性と創造的協働に基づくアントレプレナー育成プログラム( IDEA: Innovation x Diversity x Entrepreneurship Education Alliance)」コンソーシアム)して、文部科学省・次世代アントレプレナー育成促進事業(EDGE-NEXT)に応募し、採択されました。(※1)
IDEA では複数校での連携プログラムの他に各参加校独自企画のプログラムも実施されます。本学では独自企画としてcross X cross( クロス・バイ・クロス)(多面的クロスオーバーPBL 型のイノベーション人材育成プログラム)を実施しています。cross X cross では、イノベーションを実現するために必要な「技能や個性の異なる他者を巻き込み/協働することで、くじけずに困難に向かって突き進む」力を身につけた人材の育成を目指しており、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)や大阪イノベーションハブと協力して、バックグラウンドの異なる人間がチームで課題解決やビジネス創出に取り組むことの難しさ・楽しさを体験し、そこから化学反応・相乗効果につなげるための力の鍛錬に取り組みます。(※2)

本事業は、多様性と創造的協働に基づくアントレプレナー育成プログラム( IDEA: Innovation x versity x Entrepreneurship EducationAlliance)の一部として奈良先端科学技術大学院大学が実施します。IDEA コンソーシアム(九州大学×立命館大学× 奈良先端科学技術大学院大学×大阪府立大学)全体の情報はIDEAのHP(九州大学のサイト)をご覧ください

TOUCH STONE

TOUCH STONE

タッチストーン
奈良先端科学技術大学院大学
先端科学技術融合分野におけるイノベーティブ博士人材支援プロジェクト

情報科学・バイオサイエンス・物質創成科学、および、それらの融合領域における課題解決型研究によって社会変革を先導し得る「イノベーティブな博士人材」育成のために、本来の博士学位論文研究、および、イノベーティブ人材としてのコンピテンシー涵養のための活動(研究スプリントの実施等)の支援を目的としています。 支援対象とする研究分野は特に限定しないが、異分野融合やイノベーション創出を視野に入れた研究テーマを推奨しています。本来の博士学位論文研究とは別に、異分野融合やイノベーション創出を視野に入れた研究を附加的に実施する場合も支援の対象としています。

支援内容 月額16万5000円の研究専念支援金を支給する。
年額40万円以上、最大80万円の研究費を支給する。支給額は、初年度は申請書、翌年度以降は学 年末に提出する成果報告書と次年度研究計画書の評価に基づき、学年毎(4月または10月)に決定する。 設置予定のスチューデントラボ等において研究支援(UEAによるキャリア支援相談、URAによる 研究支援相談、技術職員による技術相談、異分野交流支援等)を受けることができる。
支援期間 最長3年とする。ただし、休学する期間は、支給を行わない。
支援人数 年度により異なります

2022年度10月募集の案内はこちら